読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童水泳教室で基礎から泳ぎを学ばせたい♪

温水プールがある幼稚園なので、水がニガテだとキビシイです…。

子供の泳ぎ方 って最近話題になってます。

スイミングスクールの選び方はご両親がお子さんにどうなって欲しいのかが大切になりますよね。例えば「水泳選手になって欲しい」のか「健康になるため」なのか、「25メートル泳げるようになればいい」のかどうかです。

スイミングスクールに通っていてもなかなか泳ぎが上手くならず、落ち込んでしまうお子さんもいらっしゃるかもしれません。そんなときはパパやママの笑顔が一番の特効薬になります。ご両親が怒った顔をしてしまうとお子さんが萎縮してしまい上達が止まってしまう可能性もありますので、水泳教室は楽しく!をモットーに応援してあげてくださいね。

あるアンケートでは、子供のころにもっとしっかり勉強しておけばよかった科目のトップは英語だそうです。これからの社会は英語が話せることがあたりまえになっていくんでしょうね。

話はコロッと変わりますが、亀の性別って、生まれた時の温度によって変わるということをご存知でしょうか。亀が生まれたときの温度が28度より高いとオス、28度より低いとメスが生まれるとのことなんです。不思議ですよね。

あ、この話は『だから何だ!?』ってツッコミが入りそうです…。

ところで、外国人にオススメのお茶はどんなお茶なんでしょうか。ふと思い出したら気になり始めてしまいました。

今日は集中力が増し淡々と仕事をこなせそうですよ。またいい情報があったらすぐにアップしますね♪

?[PR]